大切な愛犬の病気を予防する【犬が癌になる原因とは】

大切なペットの供養

3つの方法

線香と花

犬や猫などのペットも、大切な家族の一員です。
ペットを飼う人口が増えてきている現代、ペットが亡くなったときには、人間と同じようにきちんと供養してあげるという人が増えてきました。
そのため、同時にペット葬儀のサービスを行っている会社も増えています。
ペット葬儀の方法は主に3種類あり、まず一つ目が個別火葬というものです。
人間と同じようにペットを棺に入れて火葬を行い、その後のお骨拾いにも立ち会います。
最初から最後までを、家族として見守ることが出来ます。
二つ目が、車での訪問ペット火葬です。
専用の車で大切なペットの亡骸を預かって、指定の場所でペット葬儀を行うことが出来ます。
自宅の庭や、ペットとの思いでが詰まった公園などが人気です。
車を持っていないというような人にもおすすめです。
三つ目が、任意合同火葬です。
個別の立ち会い火葬とは違い、お見送りまでは家族が行えますが、火葬は他のペットと合同で行います。
火葬が無事終了したあとには、お骨拾いや埋葬などもすべてペット葬儀の業者が行ってくれます。
最初から最後までをすべて見守るということは出来ませんが、費用も安くきちんとした供養もしてくれるので、人気の方法です。
このような3つの種類のペット葬儀が一般的であり、値段は業者によって変わります。
ペットが亡くなったら、出来るだけ早く火葬してあげることが重要ですので、家族との話し合いのもともっとも良いと思われる方法をとりましょう。

どのように飼えば良いか

複数の犬

パグはとても陽気な性格でかわいらしいところがある犬種ですが、その反面、頑固でプライドが高いところもあります。
顔にしわがあり、大きな真ん丸い目が特徴のパグは、とても明るい性格で比較的飼いやすいといわれていますが、あまりに厳しくしつけをしすぎてしまうと、頑固でプライドの高い性格から拗ねて飼い主のいうことを聞かなくなってしまうところもあります。
パグを上手にしつけるためには、飼い主の言うとおりにすることができれば少し、大げさに褒めてあげるとパグは喜んでまたちゃんと飼い主の言うことを聞こうと努力していきます。
パグは飼い主が喜んでくれることをうれしく思い、飼い主に対して愛情を強く与えていきます。
ほかの犬種とは違って顔に強い印象を持つ特徴があり、その特徴から人によってはブサカワと呼ばれることもあります。
その顔と愛嬌のある明るい陽気な性格が今でも人気があり、飼っている人は多くいます。
そのパグは少々体が弱いところもあり、毛が薄いことから寒がりで、冬の季節は何か着せてあげなければ免疫力が低下することもあるため、気をつけなければなりません。
栄養バランスを整えた食事を与えながら、適度に運動することができるように散歩では走らせてあげるのが良い方法となります。
もしペットショップでパグを買おうとするのであれば、店にいる時点で餌をよく食べて活発に動く元気の良いものを選ぶと、健康的なパグを飼うことができるようになるといわれています。

犬以上に人を見て判断を

チワワ

犬の中でもチワワは人気がある犬種で、専門の販売サイトもよく見られます。
このような人気品種の場合、ブリーダーと直接顔を合わせた上で購入するのが後々のためです。
というのもチワワが人気だからと積極的に交配させ、商品としての価値しか求めない悪徳ブリーダーが少なからず存在するのです。
騙されないためにもチワワに関する知識を持ち、ブリーダーとしっかり対話をした後に家族を迎え入れましょう。
チワワは最小犬種で、成犬になっても体重は3キロにも届きません。
それだけ小さいと交配も容易ではなく、妊娠しても1回に1〜2匹の子犬しか生まれません。
しかし悪徳なブリーダーがチワワの世話をしたならば、大型犬と掛け合わせて1回に生まれる子犬の数を増やし、成犬時には5キロを超えるチワワもどきを作り出します。
またチワワは飼い主の愛情をたくさん求める寂しがり屋で、ブリーダーが注いだ愛情が後にも響いてきます。
ブリーダーから愛情を貰えなかったチワワは、飼い主に引き渡された後でも人間慣れしずらくなります。
劣悪環境で育つと免疫能力が低く、ストレスも溜めやすいので病気になりやすいです。
チワワの相場は20万円ほどですが、ブリーダー次第ではその半額で販売していることもあります。
しかし激安を謳うブリーダーから購入すると、購入後のトラブル(遺伝病や迷惑行動)が絶えません。
命に値段はつけられないように思えますが、やはり値段には相応の理由があるのです。
ですから実際にブリーダーと顔を合わせ、家族に迎えたいチワワについて話をすることが必要なのです。